ピル通販

ピルの悩みを解決!

ピルの基本がわかる!安心・解決ガイド

しっかり避妊、やさしい生理をサポート

低用量ピルを正しく使用すれば、99.9%の確実な避妊効果があります。生理のイライラやブルーな気分ともサヨナラ。ココロもカラダもリラックスできます。

通販できる人気のピル

知って得するピルの通販

通販なら診察費用がかからないのでとってもリーズナブル。忙しいアナタでも、会社帰りや昼間の空き時間で簡単にオーダーできます。

毎日飲むタイプの低用量ピル

クリニックでの処方実績が多いトリキュラーが1番人気。第3世代のノベロン、第4世代のヤーズは男性ホルモン作用の弱い低用量ピルです。

緊急避妊用のアフターピル

人気のアイピルはノルレボのジェネリック薬。妊娠を回避する効果が高い、1回の服用で済む、副作用が少ない最新のアフターピルです。

知れば怖くない!ピルの副作用

ピルの副作用のうち危険な疾患につながる症状は、いずれも発症する確率の低いものばかりです。ピルを服用できない一部の既往歴(血栓症や脳卒中などの循環器疾患)や糖尿病、高血圧、ヘビースモーカーなどの女性を除けば、深刻になる副作用はほとんどありません。

みなさんが利用する低用量ピルは、ホルモン量が低く抑えられています。副作用の強さはホルモン量や種類に影響されるため、低用量ピルを選択した時点で、副作用の発生率はかなり低くなっているのです。

副作用によくある頭痛や吐き気をはじめ、血栓症や乳がんのリスク、生理痛や月経困難症を改善する良い副作用まで、利用前に知っておきたい様々なピルの副作用を紹介します。

ピルを知るための用語集

疑問を解決するピルのQ&A

不安解消!みんなのピル体験談

ピルについて

ピル(低用量ピル)とは女性が飲むホルモン剤のことです。99.9%の高い避妊効果を発揮するだけでなく、生理痛や生理不順、PMS(月経前症候群)の改善、生理周期のコントロールなど、生理にまつわる様々な問題を改善します。避妊薬の枠を越えた、女性の生活向上薬といえます。

ピルの歴史は古く、1960年にアメリカで初めて承認されてから世界中に広がり、いまでは1億人以上の女性が利用していると言われています。

低用量ピルってどんな薬?

1960年に世界で初めて登場したピルは、錠剤に含まれるホルモン量が多く、血栓症や高血圧症などの副作用があらわれる確率が高い薬でした。できるだけ副作用を少なくするために、長い年月をかけて世界各国で研究が進められた結果、最小限のホルモン量で最大限の避妊効果が発揮できる「低用量ピル」が開発されました。低用量ピルは、錠剤に含まれるエストロゲンの量が50μg(マイクログラム)未満のものを指します。

低用量ピルの基本的な飲み方は、21日間は連続して女性ホルモンが含まれた実薬を飲み、その後7日間はピルを飲むのを休む(休薬)か、女性ホルモンが含まれていないプラセボ(偽薬)を飲みます。21日飲んで7日休む、合計28日間のサイクルを「一周期」とします。休薬中かプラセボを飲んでいる2~3日目から、生理に似た出血(消退出血)が起こります。

アフターピルってどんな薬?

セックスの最中にコンドームが破れてしまった、パートナーが避妊するのを忘れた、安全日だと思ったのに勘違いしたなど、望まない妊娠という事態を迎えてしまった場合には、アフターピル(緊急避妊)があります。

1970年代から多く用いられていたのはヤッペ法という方法です。エチニルエストラジオール100μgと、レボノルゲストレル50μgを含むピルを、セックスから72時間以内に服用します。12時間後にも再び服用する方法です。排卵前であれば排卵の抑制、排卵後であれば黄体期の短縮や着床の阻害により妊娠を防ぐことができます。

2011年からはレボノルゲストレルという緊急避妊専用の薬を使うLNG法が新しく承認されました。ヤッペ法よりも高い確率で避妊に成功する、吐き気などの副作用が少ない、などの理由から、最近ではLNG法をすすめる病院も増えてきました。

おすすめピル通販

低用量ピルやアフターピルは、病院で処方してもらう以外にも通販で購入できます。いま使っているスマートフォンやパソコンから、トリキュラーやマーベロンが簡単に購入できるのです。

ピルはAmazonや楽天では購入できません。薬局やドラッグストアなどの販売店でもピルの取り扱いはありません。ピルの個人輸入を代行してくれる通販サイトからのみ、低用量ピルやアフターピルの通販が可能です。

当サイトで紹介するあんしん通販薬局なら、購入手続きの後、商品が即日発送されます。ユーザーの口コミでも「届くのが早い」と評判の良い個人輸入代行サイトです。スタッフも実際に購入してみた経験から、自信を持っておすすめしたい通販サイトです。

ピルを処方する病院を探すならピル処方ナビがおすすめ。掲載クリニック数が豊富なので、近くの婦人科・産婦人科が簡単にみつかります。