公開日
2013/07/04
更新日
読了時間の目安
1分15秒で読めます

ピルと長く付き合っていくためには、リーズナブルな値段で購入できる通販が魅力的です。

今回は、通販で購入できるピルの値段と、病院で処方されるピルの値段を比較しながら、通販でピルを購入する様々なメリットを紹介します(*´ω`*)

通販でかしこく節約

病院の値段は1シート2,000円~4,000円

国内で健康保険が適応されるルナベル・ヤーズなどの低用量ピルは、3割負担として2700円ほどの値段で処方が受けられます。ピルを購入するというより月経困難症を治療するという目的で、薬代に加えて診察料(指導料)や処方料、血圧測定や血液検査などの検査料がかかります。

保険適応外の低用量ピルの値段は、独自に値段が付けられているため、病院によって異なります。国内の婦人科でも処方数が多い第2世代の低用量ピル・トリキュラーは、一周期分1シートが2000円から3000円くらい(東京都内の病院)です。自費診療とはいえ、多くの病院で診察や服薬指導、検査を義務付けているため、薬代以外にも費用がかかります。

定期検査をしないとピルを処方してくれない厳格なクリニックもあれば、一度検査しちゃえばあとはお店の感覚で購入できる便利なクリニックもあるなど様々だよ。あなたがメリットに感じる、あなたに合ったクリニックを選んでね。

通販の値段は1シート500円から

バイエル薬品から発売されている3相性の低用量ピル、トリキュラーの値段を調べてみると、通販では1シート1,580円で購入できます。

12箱セットのまとめ買いを利用すれば、最大70%オフ。1シート498円になるので、毎日飲むことを考えると、とってもリーズナブルです。

病院に行く手間がかからない

忙しい女性の悩みも解消

仕事や家事、プライベートが忙しい女性の場合、お悩みは通院するスケジュールが確保できないことです。

予約を入れようにも、平日の遅い時間は閉まっているし、日曜や祝日はお休みという場合がほとんど。通院できないうちに手持ちのシートが切れてしまったら、せっかくここまで飲んできたピルも台無しです。

24時間いつでもどこでも買える安心感

通販なら時間を気にせずいつでも注文できるので、ピルを切らしてしまう心配もいりません。仕事のちょっとした空き時間を使って、スマホから注文して自宅で受け取る、なんてことも簡単です。

ピルの通販をはじめたキッカケ

やっぱり価格が安いこと。病院では処方していなかった、自分に合ったピルを見つけることもできました(ナナさん・30歳)

病院に行く時間を作りづらくなってから個人輸入に切り替えました(サヤさん・31歳)

いざという時のために、通販でアフターピルを購入しました。このまま使わないことを祈っています(makoさん・22歳)

しばらく海外のトリキュラーを飲んでますが、毎回きっちり生理がきています(スノーさん)

通販のメリットはいかがでしたか?

みなさんかしこく通販を利用していますね。ただし、飲み慣れていないピル初心者の人にはちょっとむずかしそうです。

やっぱり最初は病院で処方してもらってピルに慣れる。定期検査も受けながら、十分なピルの知識を持ったうえで、おトクな通販に切り替えると良いということです。

メリット以外の部分も理解して、上手に通販と付き合ってきましょう╰(*´︶`*)╯