公開日
2016/05/31
更新日
読了時間の目安
1分30秒で読めます

現在43歳、自営業でふたりのお子さんがいるマリコさんの体験談です。マリコさんは、レディースクリニックで処方されたファボワールを飲んでいます。

避妊とホルモンバランスの安定が目的!ピルで快適な生活が送れています

低用量ピルは飲みはじめて3年目です。

いまは主人といっしょに衣類のネット販売を行っています。車で10分のところにあるオフィスと自宅を行ったり来たりという毎日です。

パソコン作業が多いので老眼は出てきていますが、幸い更年期障害はまだ出ていません。子どもはふたりいて、主人と4人家族です。

先生にすすめられたファボワールを服用中

低用量ピルは「ファボワール」を飲んでいます。私が行ったレディースクリニックで一番のおすすめという低用量ピルらしく、副作用が少なくて担当の女医さんも飲んでいるとおっしゃっていました。

他のピルも見せていただきましたが、正直言って違いがよくわからなかったので、すすめられるままにファボワールにしました。

1カ月のピル代は3000円

ピルは近所のレディースクリニックで処方してもらっています。

そのレディースクリニックは、ホームページでも避妊や美容目的のホルモン注射などについて書かれており、妊娠、出産、性病などでなくても行きやすいなと思いました。

一度行くと3カ月分くらい買ってくるのですが、薬代としては1カ月3,000円ほどです。

避妊とホルモンバランスを安定させる目的でピルをスタート

低用量ピルを飲み始めたきっかけは、避妊と女性ホルモンの安定のためでした。

すでに子どもがふたりいるので、現在のライフスタイルからもう妊娠するのは避けたいというのと、ピルを飲むことで骨粗鬆症の予防につながるメリットがあるという女性誌の記事を読み、主人と相談して決めました。

心配だったのは、過去に体重が増加した苦い経験があったから

20年前、アメリカ留学中に半年間ほどピルを飲んでいたことがありました。すでに経験していたので、服用自体にそれほど大きな不安はありませんでした。

しかし当時のピルでは体重が増えたことと、つわりのような症状があったこと、カンジダ膣炎になったことなどが頭をよぎりました。あとは年齢的にずっと飲んでも大丈夫なのか?という質問を先生にしました。

飲んでみたら20年前との違いにビックリ

実際に低用量ピルを飲んでみると、本当に昔に比べて低用量になっているらしく、副作用などは一切なかったです。おかげでとても快適に過ごせています。

旅行や遊びに行くときには生理の日を少しずらすこともできますし、妊娠の心配も消えてとても嬉しいです。それまでひどかった生理痛が軽くなったのも、うれしい驚きでした。

ファボワールでは副作用なし!

現在のファボワールでは副作用はありません。以前飲んでいた20年前のアメリカのピルでは、体重増加、つわり、カンジダ膣炎に困りました。

当時はタバコも吸っていたので、タバコをやめないといけなかったのがつらかったです。「喫煙しながらピルを飲むと心臓発作を起こす心配がある」「タバコとピルをいっしょに使うのは絶対やめなさい」と先生に言われたのを覚えています。

ピルのデメリットなし!生理痛も軽くなって快適

3年間飲み続けていますが、今のところデメリットは感じていません。

他にも長年毎日飲み続けているお薬があるので飲み忘れることはなく、家庭があるので急遽どこかで泊まることになったという外出もないですし。

メリットはやはり避妊が楽なことと生理痛が軽くなったことでしょうか。