トリキュラー21を通販サイトで購入する

ボタンを押した後、あんしん通販薬局に移動します。
数量や金額を確認して、購入に進んでください。

いま注文すれば、最短 10/24(水) に届きます。

編集部の評価

ここでは、ピル通販編集部が、「効果」「値段」「安全」「副作用」という4つの観点から、トリキュラーを総合的に評価してみました。

トリキュラーの評価
効果 4.5点
値段 4点
安全 4点
副作用 3.5点

ここがオススメ!

トリキュラーは、日本でもっとも利用者が多い低用量ピル。不正出血が少ない点がうれしいポイントです。生理のコントロールもしやすいので、スケジュールの立てやすさもバツグン。

ここが不安…

トリキュラー21は、偽薬の入っていない21錠タイプです。そのため、休薬期間が終わったことに気付かず、うっかり次のシートを飲み忘れる、なんてことも……。

飲み忘れが心配な方は、トリキュラー28やマーベロン28などの、28錠タイプのピルを服用しましょう。

トリキュラーの通販に関するQ&A

ここでは、トリキュラーの通販に関する疑問をまとめてみました。

【Q1】トリキュラーはAmazonや楽天で買える?

トリキュラーは、Amazonや楽天などの通販サイトでは取り扱われていません。また、ドラッグストアや薬局でも売られていません。

トリキュラーを購入するには、病院で処方を受けるか、個人輸入代行サイトを利用する必要があります。

【Q2】個人輸入代行サイトって何?使い方は?

個人輸入代行サイトは、その名の通り、個人輸入で行う手続きなどを代わりに請け負ってくれるサイトです。注文する側は、Amazonや楽天を利用する時と同じく、パソコンやスマホから商品を注文するだけでOKです。個人輸入代行サイトの使い方は、一般の通販サイトと変わりありません

【Q3】トリキュラーを通販するのにオススメのサイトは?

個人輸入代行サイトを初めて利用する際は、「ここのサイトで注文して、ちゃんと商品が届くのかな?」「問い合わせには応じてもらえる?」など、不安なことがたくさんありますよね。

そういった不安や心配をすべて解消してくれるサイトが、「あんしん通販薬局」です。「あんしん通販薬局」では、トリキュラーが1シート1,580円で販売されており、注文から到着までの間もきちんとサポートしてくれます。編集部も、実際に「あんしん通販薬局」でトリキュラーを注文してみました。

トリキュラーはどうやって買うの?

女性の生活に何かと役立ちそうなトリキュラーですが、購入するにはどうすればよいのでしょうか。ここからは、トリキュラーの入手方法について紹介します。

病院で処方を受ける

トリキュラーは、ピル外来婦人科で診察を受ければ、処方してもらうことができます。ピルを処方してもらう際には、医師による問診や、採血、血圧の検査を受けます。内診は、病院によって実施の有無が異なります。内診があるのか気になる場合は、事前に行く予定の病院のホームページをチェックしてみてください。

個人輸入代行サイトを使う

トリキュラーは、病院で処方を受ける以外にも、個人輸入で購入する方法があります。自分ひとりで個人輸入を行うのは大変ですが、個人輸入代行サイトを利用すれば、一般の通販サイトと同じく、簡単にトリキュラーを購入できます。ただし、個人輸入代行サイトの中には、偽物を販売するなど、信用できないサイトもあります。個人輸入代行サイトを利用する場合は、事前にそのサイトを利用した人のレビューを調べてみるとよいでしょう。

通販サイトやドラッグストア

トリキュラーは、一般的には医師の処方せんが必要な薬であるため、「Amazon」や「楽天」といった通販サイトでは販売されていません。また、同じ理由でドラッグストアにも置かれていません。トリキュラーを購入するには、病院へ行くか、個人輸入代行サイトを利用するかのどちらかになります。

トリキュラーの値段は?

トリキュラーを入手するには、病院か個人輸入代行サイトを利用する必要があることを紹介しました。では、病院と個人輸入代行サイトでは、それぞれトリキュラーの値段はどのように異なるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

病院でのトリキュラーの値段

病院で処方されるトリキュラー1シートの値段は、およそ2,500円です。ピルには、保険が適用されるものとされないものがありますが、残念ながらトリキュラーは保険適用外のピルです。また、病院で処方してもらう場合は、ピル自体にかかる費用とは別に、診察料や検査料がかかります。診察料は、初診なら約1,000円、再診なら約500円、検査料は約1,000円ほどです。

初診の場合、トリキュラーの値段に診察料や検査料を加えると、合計で4,500円ほどになってしまいます。また、2か月分、3か月分とまとめて処方してもらう場合は、どんどん費用がかさんでしまいます

トリキュラー 値段
(診察料・検査料込み)
1箱 4,500円
2箱 7,000円
3箱 9,500円

病院でトリキュラーを購入する場合、医師の診断のもと処方してもらえるので、安心して服用できる点がメリットです。しかし、継続して高い費用を払わなければならない点が、最大のデメリットといえるでしょう。

個人輸入でのトリキュラーの値段

個人輸入代行サイトでは、トリキュラー1シートが1,500円程度で購入できます。病院で処方してもらう場合とは異なり、診察料や検査料がかからないので、病院よりリーズナブルです。また、まとめ買いや定期購入をすることで、1箱あたりの値段が割引されることもあります。

「あんしん通販薬局」という個人輸入代行サイトでは、トリキュラーを1・2・3・5・7・12か月分まとめ買いをすることができます。まとめ買いをすることで、トリキュラーの値段が大幅に値引きされます

トリキュラー 値段
1箱 1,580円
2箱 2,614円
3箱 3,113円
5箱 3,962円
7箱 4,954円
12箱 6,980円

まとめ買いをすればするほど費用のかさむ病院とは異なり、個人輸入代行サイトはまとめ買いをすることで値段が安くなる点が大きなメリットです。

以下の記事は、「あんしん通販薬局」でトリキュラーを購入する際の手順や、購入に関する疑問をまとめた記事です。個人輸入について不安に思うことがあれば、参考にしてみてください。

トリキュラーのジェネリック医薬品は?

トリキュラーのジェネリック医薬品として、「ラベルフィーユ」というピルがあります。

トリキュラーのジェネリック医薬品であるため、効果はトリキュラーとまったく同じです。ラベルフィーユもトリキュラーと同じく、21錠タイプのものと、28錠タイプのものがあります。飲み方も、トリキュラーと同じで問題ありません。

ラベルフィーユの値段は?

ラベルフィーユは、病院で処方される場合、だいたいトリキュラーより100円から500円ほど安い値段で買うことができます。トリキュラーと同じく、健康保険は適用されません。

個人輸入代行サイトでは、ラベルフィーユの取り扱いがほぼありません。個人輸入でラベルフィーユを購入したい場合は、ラベルフィーユの先発医薬品であるトリキュラーを買うことになります。

トリキュラーの比較

ここでは、トリキュラー21とマーベロン21を、「メーカー」「特徴」「値段」に分けて、それぞれ比較してみました。

商品名
メーカー バイエル MSD
特徴 出血量が少ない ニキビが改善できる
値段
約1580円
約1880円
紹介ページ
トリキュラーとマーベロンでは、それぞれ異なった特徴があるよ。値段はトリキュラーの方が安いから、続けやすさでいえばトリキュラーが一歩リード!

トリキュラー21について

ここでは、トリキュラー21の商品説明、含まれる成分、功能・効果、用法・用量、使用上の注意について紹介しています。実際の服用に当たり、トリキュラーの基本情報をしっかりおさえておきましょう。

商品の説明

トリキュラー21のパッケージ

トリキュラー21は、第2世代・3相性の低用量ピルです。製造販売元は、バイエル薬品株式会社です。経口避妊薬で、正しく服用すれば妊娠を未然に防いでくれます

剤型は錠剤で、1シートに21錠入っています。錠剤は、赤、白、黄色の3種類があり、赤い錠剤が6錠、白い錠剤が5錠、黄色い錠剤が10錠です。

成分

トリキュラー21には、レボノルゲストレルエチニルエストラジオールという成分が含まれています。

成分の含有量は、以下の表のように、錠剤の色によって異なります。

レボノル
ゲストレル
エチニル
エストラジオール
赤い錠剤 0.050mg 0.030mg
白い錠剤 0.075mg 0.040mg
黄色い錠剤 0.125mg 0.030mg

含まれる成分の量が異なるため、正しい順番で服用しなければ確実な避妊効果は得られません。トリキュラー21を服用する際は、必ず、赤い錠剤、白い錠剤、黄色い錠剤の順で飲む必要があります。

効能・効果

トリキュラー21は、経口避妊薬で、主に以下の3つの働きがあります。

トリキュラーの効能・効果

  1. ホルモン分泌系に作用し、排卵をおさえる
  2. 子宮に作用し、受精卵の着床を防ぐ
  3. 子宮内に精子が入らないようにする

トリキュラーは、主に避妊を目的として処方される薬です。加えて、トリキュラーには、月経前症候群(PMS)の症状を軽減させる働きもあります。トリキュラーは、高い避妊効果と、PMSの症状の軽減を実現してくれる、女性にとっての強い味方です。

用法・用量

トリキュラー21は、生理の初日から飲み始めてください。確実な避妊効果を得るためには、血液中のホルモン量を一定に保つ必要があるので、1日1錠を毎日決まった時間に服用します。トリキュラー21は、実薬を飲む21日間と、休薬期間である7日間の、計28日間が1周期です。確かな避妊効果を得るためには、継続して服用する必要があるので、この28日間の服用サイクルを繰り返していきます。

使用上の注意

以下の項目に該当する人は、そもそもピルの服用が認められていません。服用前に、以下の項目に自分が該当しないか、しっかりチェックしておきましょう。

ピルの服用が認められない人

  • 乳がん、またはその疑いがある人
  • 異常性器出血がある人
  • 血栓性静脈炎・肺塞栓症・脳血管障害・冠動脈疾患、または既往歴のある人
  • 35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人
  • 脳卒中、または片頭痛のある人
  • 肺高血圧合併・心房細動・亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある人
  • 血管疾患のある糖尿病の人
  • 肝硬変や肝腫瘍のある人
  • 高血圧の人
  • 妊娠中の人
  • 分娩後6か月未満の授乳中の人
  • 脂質代謝異常がある人
  • 現在、身長が伸びている人

上の項目に当てはまる人がピルを服用すると、重篤な副作用があらわれたり、最悪の場合は命にかかわったりするケースもあります。

実際にピルを服用する前に、自分は飲んでも問題がない状態か、必ず確かめておきましょう。