Q&Aでわかる! ピル初心者の疑問をスッキリ解決

ピル初心者の方にありがちな疑問を掲載しています。
「ピルってなに?どんなもの?」「ピルで不妊になるの?やめたら妊娠できるの?」「ピルはどう作用するの?なんで避妊できるの?」といった、ピルの基本的な疑問を解決します。

ピルってなに?どんなもの?

ピルはエストロゲンとプロゲストーゲンが含まれたホルモン剤です。28日間を一周期として、そのうち21日間から24日間、毎日服用する医薬品です。

ピルを飲む目的は?メリットは?

ピルの目的は、第一に望まない妊娠を防ぐことです。ピルは避妊効果が高く、服用が簡単でセックスに影響を与えません。また生理が楽になる、婦人科のふたつのガン(子宮頸がん、子宮体がん)の発生頻度が下がるなど、避妊以外のメリットもたくさんあります。

ピルで不妊になるの?やめたら妊娠できるの?

もちろん妊娠は可能です。ピルの服用をやめれば3カ月から4カ月ほどで自然な月経周期に戻ります。ピルの服用歴の有無が、妊娠後の異常児の出産に影響を及ぼすこともありません。
ピルの服用をやめると、卵巣はすぐに排卵に向けた準備をはじめます。ほとんどの女性は、ピルの服用終了後、三周期ほどで2相性の基礎体温に戻ります。また1981年には、世界保健機構(WHO)の研究班が、妊娠前のピル服用は胎児に何の影響も及ぼさない、という見解を発表しました。

ピルの原料ってなに?

ピルは有効成分である合成ホルモンと、成分を薬剤にするための添加物とでできています。なお合成ホルモンは、ヤマイモ属の植物を原料に合成されています。

ピルはどんな人が飲むの?

ピルはもともと避妊を目的に作られた薬です。性交の機会が多い、避妊に失敗した、いまは妊娠したくないと考える女性が利用していました。現在では、生理痛がひどい人、生理不順の人、月経量が多い人、生理前の症状が強い人(月経前症候群)も、症状を改善する目的で利用します。月経困難症と診断された場合は、一部のピルに対して健康保険が適用されます。

ピルを飲んでいる人ってどのくらいいるの?

ピルは1960年に米国で発売されると、数年間で多くの国に広がりました。そして欧米に遅れること約40年、日本国内では1999年9月に低用量ピルの販売が開始されました。専門家の推計によれば、2013年の国内利用者数は約132万人にのぼると言われています。

ピルはどう作用するの?なんで避妊できるの?

ピルを飲むと妊娠しない最も大きな作用は排卵の抑制です。血液中にホルモンを循環させることで、脳の下垂体がピルに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンをキャッチします。排卵を促す卵胞刺激ホルモンと黄体刺激ホルモンの分泌を抑えるため、卵巣から排卵が起こらなくなります。