Q&Aでわかる! ピルの飲み方の疑問をスッキリ解決

ピル利用者に多い、ピルの飲み方に関する疑問を掲載しています。
「ピルを飲み忘れたらどうしたら良いの?」「ピルは毎日ぴったり同じ時間に飲まなくちゃいけないの?」「ピルと他の薬の飲み合わせは?」といった、ピルの飲み方に関する疑問を解決します。

【関連】ピルの飲み忘れ対処法

ピルを1錠飲み忘れたら、すぐに妊娠しちゃうの?

低用量ピルを1錠飲み忘れた程度では、妊娠の心配はほとんどありません。ただし何度も飲み忘れていると血中濃度が安定しないため、避妊の効果が落ちたり不正出血の原因となります。

ピルを飲み忘れたらどうしたら良いの?

低用量ピルを飲み忘れた場合、12時間以上空いたらすぐに飲み忘れた分を飲みます。その後はいつものように飲み続けます。1日に2錠飲むことになるかもしれませんが問題ありません。
2錠以上続けて飲み忘れた場合は、忘れた最後の1錠分をすぐに飲みます。その後はいつものように飲み続けます。この後7日間は必ずコンドームなど、他の避妊法を併用してください。2日(48時間)以上の飲み忘れについては、飲み忘れが一周期(28日間)のいつ発生したかで対応が変わってきます。かかりつけの医師に相談するなどして、緊急避妊薬の服用も視野に入れましょう。

ピルは毎日ぴったり同じ時間に飲まなくちゃいけないの?

低用量ピルはホルモン量を最低量にしてあるため、決まった時刻に服用するのがルールです。とは言え、同じ時間といっても、きっちり24時間ごとに飲まなければいけない、というわけではありません。朝でも夜でも、2時間から3時間ほどの誤差であれば問題ありません。12時間以上遅れると効果が落ちるので、飲み忘れの対応をしましょう。

ピルの飲み忘れを防ぐコツはある?

例えば、休薬期間ができる21錠タイプよりも、偽薬で休薬期間ができない28錠タイプの方が飲み忘れないという人がいます。飲み忘れを防ぐコツは、なるべく日常生活に関連させること、習慣化することです。毎日する行為、例えば洗顔料、歯ブラシや歯磨き粉といっしょにピルを置いておくなど、生活習慣のなかにピルを取り込むことがポイントです。最近では決まった時間にピルの服用を教えてくれるスマートフォンアプリなどもあるので、色々と試してみてください。

ピルを飲んだのに吐いちゃった時はどうしたら良いの?

ピルの服用から嘔吐してしまうまでの時間が2時間以内の場合、1錠飲み忘れたことと同じ状態になります。次の1錠をすぐに飲むようにしましょう。その後はいつものように飲み続けます。

ピルと他の薬の飲み合わせは?気をつける薬はあるの?

低用量ピルと抗てんかん薬を併用した場合、いずれの薬も作用が弱まることがあります。影響を及ぼす主な抗てんかん薬はフェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、プリミドン、トピラマート、ラモトリギンです。
また抗結核薬やHIV感染症治療薬を併用した場合、低用量ピルの作用が弱まることがあります。主な抗結核薬はリファンピシン、HIV感染症治療薬はエファビレンツやネビラピン、リトナビルです。